多頭飼育崩壊は他人事じゃない。猫を飼っている人全員に知ってほしいこと。

猫の多頭飼育はほどほどに。

いたいけな仔猫を見れば本当にかわいらしくて、ついつい欲しくなってしまいます。でもちょっと待ってください。

今はほんの仔猫ですが、半年もたつと一人前の立派な猫に育ちます。増えるのは食餌の量、トイレの数、居住スペース、医療費…だけではありません。 最大の問題は、放っておいたら繁殖してしまう事です。

「去勢手術や不妊手術は痛くてかわいそう」「費用がかかるので受けたくない」それで良いのですか?

何の血縁関係もない猫同士の交配で、問題もなく無事に出産したとしましょう。確かに自宅で生まれた何匹かの仔猫たちはまたまたかわいいかもしれません。

でも、その猫たちもまた半年で大人になります。その仔猫たちはどうしますか?他の家を探してタイミングよく引き取ってもらえますか?
それとも、手に負えなくなって外へ放しますか? オーナーが高齢で病気になったり経済的な理由で崩壊した「猫屋敷」のニュースが何度か報道されています。
それぞれにかわいがっていて、たくさんの猫と暮らす事情もあるのでしょうが、責任を持てない命や望まれない繁殖は防ぐべきだったのではないかと悔やまれます。幸いボランティア団体が猫たちを保護して、その後の猫たちの生活を考えてくれていますが、いつも早く発見されるとは限りません。

ある地方の自治体では

地元のボランティア団体と獣医師とで協力して

野良の猫の去勢手術や不妊手術を援助しています。手術が終わればまた外へ自由に放してやり、食餌はボランティア団体がルールを決めて世話します。

手術をした猫が間違って捕獲されないよう、耳のふちをV字にカットして、遠くから見てもわかるような印をつけています。

これ以上、無責任に繁殖させない事を目的としての取り組みが、かなりの効果をあげているそうです。 自治体によっては、個人の家の猫についても去勢手術や不妊手術の費用を援助してくれる制度があります。

妊娠や出産は親猫の身体にも大きな負担をかけます。出産時や出産の後に、命にかかわるようなトラブルになる場合もあります。よく考えて計画的に行われるべきです。

せっかく出産しても、母猫が育てられないトラブルもあります。仔猫用のミルクや哺乳瓶などは市販されています。本や説明だけではわかりにくい事も多いので、初めての子育ての場合は経験者に手伝ってもらうか、動物病院で具体的にアドバイスを受けて責任をもって育ててあげてください。