子猫の夏の暑さ対策はこれで安心!気をつけるべきは

あなたの家の猫たちは夏の暑さをどうしていますか?

猫は、犬や人間と比べると比較的暑いのには耐えられるようです。これは猫の祖先が砂漠から来た事と関係があるかもしれません。

それでも近頃の異常に暑い日本の夏は、家の中で暮らす猫にもやっぱり暑すぎますよね。犬ほどではなくても、悪い条件が重なれば猫も熱中症になりますので、そうならないためにもしっかり暑さ対策をしましょう。

まず、猫の飲み水は一ヶ所でなく、猫の行動範囲のあちこちに用意して、気が向いたらすぐに飲む事の出来る環境を作ってください。

暑いと、水もまずくなったり雑菌が繁殖しやすくなります。こまめに水を入れ替えて新鮮な飲み水を与えるように。
循環式で水が常に流れているような猫用の水飲み器もあります。猫も楽しく水を飲んでくれるかもしれません。
食餌も置きっぱなしはよくありません。暑さで食欲も落ち気味になるので、残したフードはすぐに下げて処分し、時間をおいて少量ずつ新しいものをあげるようにしましょう。
また、食欲がないからといって、普段食べていないような美味しくてカロリーの高いものを一度に与えると、お腹がついていけない事もあります。

次は猫のいる場所をチェックしましょう

ケージは風通しの良い部屋に置き

中敷の1枚をひんやりするものに取替えたり、床の猫用のマットを片付けてフローリングや畳にしたり。直射日光は入らないようにカーテンやよしずで工夫し、部屋の温度が過剰に上がらないようにしてください。

エアコンを入れる場合は家中を冷やすのではなくひとつの部屋にして、涼しい部屋と普通の部屋を自由に出入りして、猫が自分でも調節できる環境を作ってください。

トイレの臭いや、雑菌の繁殖も気になります。消臭効果のあるものを選んだり、排泄したらすぐに掃除しましょう。 昼間は寝ている事が多い動物ですが、これほど暑いと寝ているようでもしっかり休めていません。夏バテして体調を崩さないように気をつけてあげてください。

大人の猫はともかく、仔猫や太っている猫、高齢の猫には特に注意が必要です。また、長毛種のように猫の種類によっても過ごしやすさは違います。

更に、この時期は湿度も高くノミも繁殖しやすい季節です。部屋のカーペットなどの掃除をこまめにして、猫自身も専用の薬でしっかりと予防してください。 暑くて、だらしなくお腹を出して寝ている猫もかわいいのですが、笑ってばかりもいられませんね。