猫と一緒の避難訓練。あなたはどうしていますか?

あなたの家の猫たちは避難訓練の時は、どうしていますか?

世界のあちこちで大きな地震や台風がやって来て「壊滅的な被害」を受けてしまったニュースをよく目にします。日本でも関西や東北の大震災をはじめとする色々な天災が起きています。そのたびに気になってしまうのが「非難勧告」と「避難指示」です。 話題になるのは小さな子供や病気やけがで動けない人や高齢者の非難の方法についてですが、どうしても心配になるのは「ペットの動物たち」です。 野生の動物や野良ちゃんたちはある程度自由に動き回れるので何かを察したり予測してどこかへ逃げる事が可能です。

では、外につながれている犬の場合は?部屋の中で留守番している犬や猫、小鳥やうさぎ、ハムスターなどの小動物たちはどうするの? オーナーたちの中には実際にそういった被害を経験されている人もたくさんいて、その時の話を見聞きします。何とか家族もペットも助かった人、家族や犬や猫を失った人。これは当人にしかわからないような本当に辛い出来事ですが、決して他人事ではありません。「もし、実際に自分の身に起きてしまったら」想像力を働かせて具体的に考え、少しでも備えておきましょう。

その時猫たちは何が起きているのかわかっていません

・何か怖い事で普段とは違う空気は感じています。

台風のような「非難が必要だ」とある程度予測できる場合でも、動物も一緒に避難するのは大変な事です。避難所への移動手段や狭いケージに閉じ込めておとなしくしてもらう事、大勢の知らない人たちと我慢する事。ただでさえナーバスになっている猫にはどれもストレスになります。もっと早い段階で頼れる個人的な避難先を探しておく事も必要です。親戚や友人、遠くに住む家族の家。猫が一緒でも良いといってくれる家があれば、いざという時に精神的にも負担が軽減されます。 もし、突発的に災害にあってしまったら?

突然の大地震や津波のように街全体が被災した場合は、みんなが無事だったとしてもその後すぐに元どおりの生活ができるとは限りません。 運よく自分の家で復旧を待つ事が出来ても、水や電気やガスなどのライフラインはどうでしょうか。人間たちはよく防災のために水や食糧を備蓄します。猫のためにも普段からペットシーツやドライフードは少し多めに買い置きするくせをつけておくといざという時にも安心です。食料や飲料水は賞味期限が心配なのでこまめにチェックしてくださいね。