猫のしつけは猫と人間が一緒に暮らすために必要!?

あなたの家の猫にはしつけが必要ですか?

そもそも、猫と人間が一緒に暮らすために必要なしつけって何でしょうか?

人間たちが困らないように、猫にも共同生活の約束を守ってもらう事。
トイレの場所や使い方、食餌の時間や種類、入って欲しくない場所を覚えてもらうなどなど、ほとんどのしつけは人間のために猫に譲ってもらいたい事です。
最重要課題であるトイレについては比較的簡単に覚えます。

仔猫のうちに身体に合わせて小さなサイズのトイレからはじめると良いでしょう。

ケージの中にトイレを置いて、出来たら必ずほめてやり、すぐにきれいにしてあげましょう。
そこでする事が「良い事」だという印象を与えるのがポイントです。猫が大きくなったらトイレの数とサイズを見直してください。
狭かったり、不安定なトイレは嫌がります。 今まで出来ていたのに急にへんな場所で排尿するようになったら、それには必ず理由があります。
猫には何かの事情があってやむを得ずそこでしたのです。犬のように現場に連れて行って叱ってもあまり効果はありません。
本人は「悪い事をした」とわかっているからです。それは猫なりの何かのサインですから、理由を考えましょう。

発情によるマーキング行動や……

泌尿器系の疾患にかかって排泄が不快

お気に入りのトイレが汚れていた、お客さんが来た、新しい猫と暮らし始めた、模様替えした…人間には普通でも猫にとっては大きな変化や負担だったりする事もあります。

もし猫に理由を聞けたなら「えー、そんな事なの?」と思うかも。運よく原因がわかればすぐに解決してあげてください。 また「行ってはいけない場所」についてはどうしていますか?

家の中を自由にしている猫はどこへでも入る事ができます。キッチンや水廻りは危険の多い場所ですが、それは猫にはわからないので興味しんしんで探検しようと思っています。

その瞬間に大きな物音を立てて嫌な記憶を作ってみたり、怒ってみたり。どうしても行かせたくなければ、先手を打ってキッチンで作業する時間はいつも猫にはケージで待ってもらう習慣にするのも良いでしょう。
それ以外の時間もシンクに上がらないように柵をつけるとかドアを必ず閉めておくようにして「行っても良い時と悪い時」のないように「ここはいつもダメ!」という同じルールにした方が猫にも受け入れやすいでしょう。
時々、ドアハンドルを自分で開閉する賢い猫がいますが、これを防ぐ装置もありますよ。