子猫のご飯で気をつけることと成猫への切り替え時期

あなたの家の猫たちはどんなごはんを食べていますか?

たとえば今あなたが家の猫に食べさせているのはキャットフードではありませんか?その猫に何故そのメーカーのその種類のキャットフードを選んだのでしょうか。

「うちの猫はこれが好きだから」「仔猫の頃から食べているから」「安かったから」「病院で処方されたから」いくら良く食べてくれてもお腹ばかりこわしていては意味がないですし、だからといっておいしくない食餌を毎回がまんして食べさせるのも何だかかわいそうです。

犬もそうですが、猫のフードにはいろいろな素材の味付けと、年齢別にそれぞれドライフード・半生タイプ・缶詰などがあります。

ペットコーナーを見てびっくりした事はありませんか?こんなにたくさんの種類の中から、どれかを選ぶなんて結構大変です。 何故キャットフードなのでしょうか?まず、犬と猫では必要とする成分が違います。
たとえば猫にはタウリンという成分がとても重要なのですが、自分の身体で作る事ができません。
猫用のフードを食べていないとタウリンが欠乏しそれが原因で病気になってしまいます。「猫用に作られている」というのがキャットフードを選ぶ第一の理由です。

次に、身体が年齢ごとに必要としている栄養は少しずつ違います。

仔猫のときは消化の良いものを

大人になったばかりの猫は運動量が多いのでカロリーは多目に、そして落ち着いた年齢の猫では肥満予防のために繊維の多いものを、もっと高齢の猫ではいろいろな病気により食餌の成分を制限しなければならないので「処方食」と呼ばれる病人食に切り替える事になります。

若くてもオスの猫では泌尿器系の病気になりやすく、キャットフードに含まれるミネラルで結石を作ってしまいます。ミネラルは成長期や妊娠した猫には必要ですが、大人のオスの猫には過度の摂取はかえってよくありません。その予防を兼ねているフードをおすすめします。

仔猫の頃に食べた味は大人になっても猫が好む味です。歯の健康を考えるとドライフードが良いのですが、仔猫のときにドライフードをお湯でふやかしたものを離乳食として与えると、大人になってからもその味を忘れずに、引き続きそのドライフードを喜んで食べてくれます。缶詰や半生タイプのものは嗜好性を重視して作られているものが多いので、「おいしい味」ですが猫の好みがはっきり分かれます。カロリーやお腹に良いかどうかなども考えて選んでください。