猫こたつは危険!? 注意するべき冬の安全対策を案内します。

冬の夜は温かい湯気や明りがあるとほっとしますね。猫たちも寒いのは苦手です。 これからの時期を快適に過ごす事を考えてあげましょう。 まず、猫の好みや暮らしている環境や品種や年齢や体調病歴などを考慮します。 仔猫はもちろん、病気を持っている猫や歳をとった猫では特に体調管理が必要です。健康な猫でも、寒い時期には運動をしなくなり丸くなって寝てばかりいます。

お水を飲む量が減り、暖房や空気の乾燥などで脱水気味になるとおしっこが濃くなり量も減ってきます。部屋の加湿や新鮮な飲み水の準備も。冬場は猫のインフルエンザと、特にオスの猫で怖いのが泌尿器系の病気ですからここは要注意ですね。 窓ガラスには隙間テープを貼ったり、フローリングの床には厚めのカーペットを敷いたり。

それから、猫のケージにも冬支度を忘れずに。 中に敷くマットを暖かい素材に替えたり、ケージ毎毛布で覆ったりしてここも居心地よくしてあげましょう。

こたつを置く家も多いと思いますが

・一度入ると人間でもなかなか外へ出たくないものです。

こたつが大好きな猫も多いのですが、ずーっと中に入ったままでいると、のぼせて吐く事があります。

設定温度や空気の入れ替えなどで、人間が気をつけてあげてください。
この時期、夏と同じく困るのが留守番の間の部屋の温度調節です。 留守番の時間が長いとそれだけ温度管理が必要です。
多頭飼いの場合なら仲良くくっついて寝ていてくれそうですが、必ずしも仲良く1日中いてくれるわけでもありません。

一か所だけでなく、ひとりで離れた場所でも暖かく待てる環境を忘れずに。 日中なら出かける前にこたつやホットカーペットを切り、余熱だけでも充分暖かく待っていられます。暑くなっても自分で出られない猫もいるので、掛け布団の一部をあけておく事をおすすめします。 電源を使わずに暖かくなるベッドなどもいろいろあります。

日が暮れるような時間ならカーテンを半分しめておくなど、部屋の温度を保てるようにしましょう。エアコンのタイマーや動物用の電気あんかなどを上手に利用して留守番の時間も快適に待てるように工夫したいものですね。

猫がいるからといっても絶対に長時間つけっぱなしはいけません。 いたずらしたり、何か想定外のトラブルになったり火事になってしまったら取り返しがつかなくなります。 一番の対策は寒い日は猫と一緒に家でのんびりする事かもしれませんね。