猫にトイレをしつける「覚えるのが早い」方法を教えます。

一緒に暮らしていくのにトイレのしつけは必須です。

実際、小さなうちからトイレの場所を決めてあげるとすぐに覚えてくれます。 外にいれば好きな場所を選べますが、こちらの都合でしてもらうのだから、気に入って使ってもらえるようなトイレを用意しましょう。 たとえば猫用のトイレ砂を少し深さのある大きめの容器に入れます。トイレ砂は商品によって「消臭」「吸収率」「始末の良さ」「粒の大きさ」などの特徴をうたっています。

「さっとトイレに流せます」は魅力的ですが、共同住宅のトイレなどでは詰まらせないかどうかはとても重要ですのでよく検討してみてください。長毛種の猫はふわふわの毛につぶつぶをくっつけてしまう事もあります。ブラシをかけたり、おしりのまわりの毛をカットするなどのお手入れが必要です。 同じく深さのある容器にペットシーツを敷いて、その上に新聞紙を細く裂いてのせるとトイレとして使えます。ペットシーツは可燃ごみとして処分するのでカサはありますが、排尿時に足裏を汚す事が少なくオススメです。 猫は体が小さいから、という理由でペットシーツも小型犬用を選びがちですが、一度にたくさん排尿する事もありますから使用するトイレの面積より少し大きめのものを準備すると安心です。

排泄のあとにトイレをかいて隠そうとする習慣から

・ペットシーツを丸めてしまう事もあります。

ペットシーツの四隅を固定するタイプのトイレやペットシーツの裏にシールがついたものなどで解決できそうです。特に掃除や後始末は毎日の事ですから、使い勝手や様子をみて試行錯誤してみてください。コストや手間、衛生的かどうかなども考慮しましょう。どちらも慣れてくれれば猫はちゃんと使ってくれますよ。 ただ、どちらを選ぶにしても何回も同じトイレを使うのは良くありません。 できるだけ、トイレを使うたびに尿や便の状態を確認してすぐにきれいにしてあげましょう。

長時間留守番させたり、何頭かでトイレを使う場合には特にトイレの数を増やします。 一頭の場合でも3つくらいはあると猫の気分的にも安心です。 そして、大事なのはよくほめてあげる事です。 「できて当たり前」になりがちですが、失敗した時は過剰に反応せず、ちゃんとできた時こそ嬉しそうにしてほめてあげてください。「ちゃんとできるね、えらいなー。ありがとうね。」これが一番のコツかもしれません。